立候補しようとしたら、ある人に供託金(きょうたくきん)は用意してあるの?って言われたが何それ?
選挙における供託金(きょうたくきん)とは、候補者が出馬する際、町村の議会議員選挙を除くすべての選挙において、法令の規定により法務省の供託所(法務局)に預ける金銭又はそれに相当する額面の国債証券(振替国債を含みます。)

選挙の種類 供託額 供託物が没収される得票数、またはその没収額
衆議院小選挙区 300万円 有効投票数×1/10未満
参議院選挙区 300万円 有効投票数÷その選挙区の議員定数×1/8未満
都道府県議会 60万円 有効投票数÷その選挙区の議員定数×1/10未満
都道府県知事 300万円 有効投票数×1/10未満
指定都市議会 50万円 有効投票数÷その選挙区の議員定数×1/10未満
指定都市の長 240万円 有効投票数×1/10未満
その他の市区の議会 30万円 有効投票数÷その選挙区の議員定数×1/10未満
その他の市区の長 100万円 有効投票数×1/10未満
町村長 50万円 有効投票数×1/10未満
衆議院比例代表 ※候補者
1名につき
600万円
没収額=供託額-(300万円×重複立候補者のうち小選挙区の当選者数+600万円×比例代表の当選者数×2)
参議院比例代表 候補者
1名につき
600万円
没収額=供託額-600万円×比例代表の当選者数×2
金銭又はそれに相当する額面の国債証券を預ける目的って何?
供託は、当選を争う意思のない人が売名などの理由で無責任に立候補することを防ぐためです。 立候補する候補者や政党等の得票数が規定の数に達しなかった場合や候補者が立候補を辞退したなどの場合、供託されたお金や国債証書は全額(衆議院、参議院の比例代表選挙では全額または一定の額)没収され、国や都道府県、市区町村に納められます。
供託所はどこにあるのですか?
(参考データ)
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/000131051.pdf http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kyoutaku.html 供託事務を取り扱う機関を「供託所」といい,金銭及び有価証券(振替国債を含む)を供託物とする供託は,法務局,地方法務局及びこれらの支局並びに法務大臣の指定する出張所において取り扱っています。供託は,法令に供託を義務付け又は許容する規定がなければすることができず,供託をすべき供託所についてもそれぞれの根拠法令によることとなりますので,実際に供託をする場合には,供託すべき供託所をよく確認する必要があります。具体的な供託所の所在,連絡先については,情報番号8051の供託所一覧表 で確認ください。
供託するには、どこで、どんな手続きが必要なの?
 供託をする場合には,その他の金銭供託用の供託書(各供託所に備え付けられています。)に必要事項を記載し,供託所において供託手続を行う必要があります(国債証券又は振替国債を供託することもできます)。選挙の区別等に関係なく,執務時間中であれば,全国どこの供託所でも供託できます。ただし,立候補届出日(又は補充立候補届出期間の末日)が土日その他の休日に当たる場合,法務局又は地方法務局の長が指定する供託所でなければ,供託できません。
供託の手続きを、より詳しく具体的に知りたい。確認する手っ取り早い方法は?
(参考データ)
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu.html 下記のPDFをクリックし、立候補予定のエリアの供託所の番号に電話して不明点を確認してください。 供託所一覧の[供託所一覧表 情報番号8051]のリンク(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/000130928.pdf)
記事に関して、どう感じましたか?
  • つまらない 
  • 普通 
  • 役に立った 
  • 興味深い 

選挙活動の見える化 = 勝利へ!

スマート選挙